「 i 不動産 」トップページ へ!

地方移住

最近の動き

「特定地域づくり事業協同組合制度」を利用した地域おこし

コロナ禍をきっかけに地方暮らしを希望する人が増えてきています。 しかし、地方移住の最大の壁は、「仕事」です。 そこで2020年に誕生したのが、「特定地域づくり事業協同組合制度」で、人材確保を後押しする制度になっています。 ...
最近の動き

コロナで見直された「都心で働き郊外に住む」スタイル!

新型コロナ感染症は、これまでの働き方や住まいのあり方に疑問を投げかけました。 住まいのあり方では、今まで「オールドタウン」と揶揄されてきた郊外の街や地方移住に注目が集まっています。 まさに、「都心で働き郊外に住む」という生活スタ...
最近の動き

東京都の人口が「転出超過」に転じる

日本の人口は、2008年をピークに減少しています。 その中で、東京都への人口流入は続き、東京圏では2019年148,783人転入超過でした。 この内、15~29歳の比率が約9割を占めていました。 全国の大学の約41%が集中...
静岡県東部地域情報

「地方移住&住宅購入」を政府が支援

「東京一極集中を見直して、地方の活性化」が、新型コロナウイルス感染症の拡大を機に高まっています。 「地方創生」を掲げる政府も、そうした動きを本格的にサポートする方針のようで、来年度から、地方に移住してテレワークで働く人や、地方でIT関...
最近の動き

東京の企業に勤めながら地方に住む

東京にある本社に出社せず、仕事は地方の自宅でするという働き方「テレワーク」が普及しつつあります。 人口減少が大きな課題の地方では、移住を呼びかけるチャンスが到来したようです。 コロナ禍で仕方なくスタートした面もあった「テレワーク...
最近の動き

関東圏住民は地方暮らしに関心が高い!

内閣府が2020年1月30日~2月3日に関東圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)在住の1万人(20代~50代)を対象に地方暮らしに関するアンケートを実施しました。 その結果、地方で暮らすことに関心を持っているとの回答が49.8%を占めました...
最近の動き

テレワークの普及で地方移住は進むのか

昨年、東京から三島に移住された方が、「職場がテレワークに熱心なので職場への勤務は週に2日になりそうなので東京への通勤も苦にはなりません。」と言っていました。 そして、今年のコロナ感染症の拡大によるテレワークの本格的な導入です。 ...
最近の動き

新型コロナでテレワーク、そして「地方移住」!

新型コロナの影響で、多くの企業がテレワークを導入しました。 初めての経験の方も多かったようですが、評判は今一つのところもあるようです。 しかし、今まで当然と思っていたことを見直すきっかけになったと、多くの方が述べています。 ...
最近の動き

地方移住における自治会新規加入と負担金の負担

地方によって、自治会加入時の負担金が違うようです。 長野県は公民館活動が盛んな県で、多くの公民館は会員が出し合った寄付金で建てられているそうです。 自治会新規加入者への負担金 長野県の安曇野市では、各世帯が12万円ずつ出し合って公...