「 i 不動産 」トップページ へ!

不動産評価

不動産を評価する方法や指標

不動産評価

既存住宅の「建設住宅性能評価制度」とはどんな内容

住宅性能評価制度は、良質な住宅を安心して取得できる市場を形成するためにつくられた住宅品質確保法に基づく制度です 登録住宅性能評価機関が、実際に住宅を検査することにより作成した住宅性能評価書を「建設住宅性能評価書」といいます。 こ...
不動産評価

既存住宅のインスペクションとは

インスペクションとは、住宅診断のことで住宅に精通したプロが建物の劣化状況や欠陥の有無、改修すべき箇所などを専門の立場から客観的に検査することになります。 2018年4月1日から既存住宅の取引において宅地建物取引業者との媒介契約書面に建...
不動産評価

住宅の省エネ性能における「光熱費表示制度」とは

2022年4月1日より、住宅の省エネ性能を表示する新しい方法が始まります。 これまで、省エネ性能といっても消費者には具体的にはわかりにくかった部分がありました。 この解決方法として、「目安光熱費」を表示することにより省エネ性能の...
不動産評価

既存住宅の「建設住宅性能評価書」とは

住宅性能評価機関は、通称「品確法」と呼ばれる「住宅の品質確保の促進等に関する法律」における「住宅性能表示制度」に基づき、戸建て住宅などの住宅性能評価をおこなっている機関のことになります。 住宅性能評価機関は、国土交通大臣の登録を受けた...
不動産評価

分譲地でどの区画の土地を求めますか?

どんな土地でも建物を建てる場合、建築基準法の建築許可を受けなければ建てられないことになっています。 許可の条件は、「その土地が、建築基準法で定められた道路に接している事」と「その道路と土地が2m以上の幅で接している事」になります。 ...
不動産評価

既存マンションの方位や階層で価格はどのくらい違うのでしょうか?

既存マンションの購入を検討する時、同じ間取りでも方位や階層でどの程度の価格差が生じるのでしょうか。 新築マンションの場合、同じ間取りでも階層の違いや方位の違いで価格差を付けて売り出されているので価値の違いが明確です。 それでは、...
不動産評価

2020年静岡県路線価の動き

国税庁が7月1日に発表した2020年分の路線価(1月1日時点)で、静岡県内の標準宅地は平均で前年比0.4%下落しました。 12年連続でマイナスになっていますが、にぎわいを取り戻した地域もみられ、下落幅は4年連続で縮小しています。 ...
不動産評価

三島市等の静岡県東部地区における「基準地価」の動向

基準地価とは、各都道府県が独自の調査を基にして9月下旬に公表される地価指標の一つです。 正式には「都道府県基準地標準価格」といい、7月1日時点の土地価格の調査を基にしています。 公示地価と同じく、住宅...
不動産評価

古家を取り壊す場合、固定資産税にどれくらい不利ーサンプルで計算

古家を取り壊して、空き地にすると固定資産税が高くなると言われますが、実際どうなのでしょか? どれくらい変わるのか、モデルデータで検証してみたいと思います。 固定資産税と都市計画税 固定資産税の税率は、全国一律で1.4%と決められて...
不動産評価

公示地価による人気の都心各市と三島市の比較では、「都会の半値」

地価公示により公示された標準地の価格のことを、「公示地価」といいます。 「公示地価」は、もっとも代表的な土地評価です。 公示地価 地価公示は、地価公示法にもとづき、国土交通省土地鑑定委員会が毎年3月下旬...