「 i 不動産 」トップページ へ!

最近の動き

不動産関連の最近の動向

最近の動き

国土交通省が賃貸住宅のモデル条項作成(入居者の死亡、残置物処理)

国土交通省は、賃貸住宅の入居者が死亡した時、賃貸借契約の解除や入居者が残した物の処分を第三者にあらかじめ委任しておく契約書のひな形を作成しました。 単身の高齢者が亡くなっても退去手続きがスムーズに行えるようにすることで、大家さんの不安...
最近の動き

木造住宅の高さ制限、緩和の方向へ

現在の建築基準法では、高さ13mまたは軒の高さが9mを超える木造住宅には、追加の手続きが必要になっています。 しかし、省エネ性能の高い木造建築物を増やしていくため、政府は建築基準法の規制を緩和する方針を固めたようです。 脱炭素化...
最近の動き

注目を浴びる段ボールベッドなどの段ボール製品

段ボールベッドは、東京五輪の選手村で採用されたことで一躍話題になりました。 段ボールは、ベッドの他、棚や机などの家具として定着してきています。 技術の進歩で、組み立て式テントなど新たな用途も出てきているようです。 低床ベッドは...
最近の動き

我が子のようにかわいがったペットの世話を誰が

ペットを飼っている人がたくさんいます。 高齢の方で、自分にもしものことがあった時、我が子のように可愛がってきたペットの世話は、誰にどのようにして託せばいいのだろうか。 ペットの世話 民間会社の調査によると、ペットの犬にかかる年間経...
最近の動き

認知症の人の預金を引き出すことは可能なのか

親の判断能力が低下して認知症になった時、親が蓄えていた預貯金を子どもが代わりに引き出せずに親の医療費などの支払いに困っているケースがあります。 全国銀行協会は、今年、認知症の人の預金引き出しについての見解をまとめました。 65歳以上...
最近の動き

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン

国土交通省は、不動産の「事故物件であること(心理的瑕疵)」の告知に関するガイドラインをまとめました。 不動産取引にあたっては、取引の対象不動産において過去に生じた人の死に関する事案について、宅建業者による適切な調査や告知に係る判断基準...
最近の動き

東京のアパート外階段崩落死で建築確認検査体制も問題視

東京都八王子市で3階建てアパートの外階段の一部が崩れて住民の女性が転落死した事故が発生しました。 原因は、階段を固定する金具の溶接が不十分で、強度が不足していたと捜査関係者は言っています。 工事完了後の建築確認検査は、民間の検査...
最近の動き

改正民法における連帯保証人の相続人の立場

2020年4月1日に改正民法が施行されました。 改正の中で、保証債務に関しても改正がなされ、個人根保証契約の元本確定事由が定められています。 条文は、次のようになっています。 【改正後民法】 (個人根保証契約の元本の...
最近の動き

賃貸物件における残置物の扱いに関する新たな提案

賃貸における高齢者の単身世帯が増加しています。 相続人の有無や所在が明らかでない単身者が死亡した際の賃貸借契約の解除や居室内に残された動産である残置物の処理への不安感等から、高齢者の入居の申込みを積極的になれない賃貸人の方がいます。 ...
最近の動き

街の空き地から始まった都市型農園が市街地を再生

大阪市の南西部にある住之江区の北加賀屋にある「みんなのうえん」は、10年目を迎える貸し農園です。 空き地だった宅地約150㎡に土を入れて開園し、更に翌年約500㎡の農園もひらきました。 目指したのは、「農と食に関心のある人たちの...