「 i 不動産 」トップページ へ!

2021-03

お知らせ

富士山のハザードマップが改定されました!

静岡、山梨、神奈川県などでつくる「富士山火山防災対策協議会」は、富士山の噴火被害を想定したハザードマップ(危険予測図)の改定版を公表しました。 大規模噴火シミュレーションでは、富士川沿いの静岡市清水区や沼津市、清水町に溶岩流が到達する...
最近の動き

サービス付き高齢者向け住宅「サ高住」は廃業増!

「サ高住」は、民間の賃貸住宅で、入居者は原則60歳以上、構造はバリアフリー、部屋の広さは原則25㎡以上、スタッフによる見守りサービスが付きます。 家賃などの費用は、全国平均で月額10万5千円になっています。 約8割の施設に訪問介...
不動産関連法規

「空家等対策特別措置法」の制定と実施状況

正式名称は、「空家等対策の推進に関する特別措置法」と言って、2014(平成26)年に制定されました。 空家が増えていく中で、適切に管理されていない空家等について、その状態を是正するための措置を定めたのがこの法律です。 主な内容は...
不動産の情報

マンション管理規約を制定する時の注意項目

マンションでは、多くの区分所有者が一棟の建物を区分して所有しています。 区分所有者である住民が長い間にわたり快適な生活をおくるためには、住民の間でマンションの維持、管理や生活の基本的ルールを「管理規約」として定めることが重要になってき...
不動産の情報

不動産の購入と前面道路との関係

土地や建物等の不動産を購入する時、その不動産の前面道路は重要な要素の一つになってきます。 建物を建てるときには、原則として建築基準法上の道路に敷地が2m以上接していなければなりません。 建築基準法上の道路に2m以上接していないと...
不動産の情報

住宅セーフティネット制度の活用

日本では、空き家やマンション・アパートの空き室が増加して問題となっています。 一方、住宅の確保に配慮が必要な高齢者、障害者、子育て世帯等の方が増加する見込みですが、この方たちの住宅確保も課題です。 住宅セーフティネットの根幹であ...
不動産の情報

空き家になった時の、「空き家管理」と「空き家バンク」

「空き家バンク」は各自治体が運営する空き家の仲介サービスのことです。 空き家所有者自らが登録した情報を、空き家利用希望者が閲覧できるよう公開しています。 空き家になった物件を手軽に入手できるほか、自治体が空き家バンク利用者に向け...
最近の動き

「任意後見制度」の流れと費用の相場

頼れる家族がいないなどで、自分が認知症になった時や死んだ後のことを、元気なうちに信頼できる相手を自分で選んで、後見する制度のひとつが「任意後見制度」です。 お金の管理や様々な手続きを任せるために、司法書士などの専門職の方に頼んで「任意...
お知らせ

希望に満ちた春の新生活、一人暮らしの「防犯対策10」

この春から、進学や就職で一人暮らしを始める方がいると思います。 多少の不安を感じながらも、希望に満ちた新たな人生の歩み出しです。 慣れない土地での生活、始めての一人暮らし、「防犯対策」もしっかりと実施しましょう。 防犯に役立つ...
最近の動き

シングルマザーを支援する動き

離婚などを機に住まいを失った上、仕事を探しながら子育てをせざるを得ない女性を支援する動きが広がりを見せています。 不動産業者の中には、入居者をシングルマザーと子どもに限定したシェアハウスを提供している業者もいて、尊敬に値します。 シ...