「 i 不動産 」トップページ へ!

2020-04

不動産関連法規

「宅建業」を営業するには免許が必要です!

宅地建物取引業法では、免許を持たずに宅建業を営むことを禁止しています。 目的は、「業務の適正な運営」「不動産の取引の公正な確保」「購入者等の利益の保護と不動産の流通の円滑化」等のためです。 そもそも「宅建業」とは 宅建業とは、宅地...
最近の動き

水道施設の課題は、台風や大雨による水害対策も急務です!

各地の水道施設は老朽化した配管の交換が大きな課題になっています。 ところが、昨年続いた水害で、水道施設の防災対策の遅れが浮き彫りになりました。 台風や大雨で断水が相次ぎました。 厚生労働省の調査では、浸水想定区域にある全国...
最近の動き

空き家の状況と廃墟となった空き家の解体費用の請求先

いつ崩れるかとひやひやするような廃墟とした空き家が全国各地で見られます。 解体やむなしと判断した自治体が、是正指導や勧告に従わない所有者に代わって強制的に実施することもあります。 解体に要した費用は 山陽のある市で実施された廃墟と...
静岡県東部地域情報

沼津市に「東都大学看護学科」の設置計画が!

学校法人青淵学園が運営する東都大学が2021年度に、沼津市に看護学科を設置する計画があります。 2020年春に文部科学省へ設置申請を行う方針だということです。 沼津市には、東海大学沼津校舎が閉鎖されてから大学がありませんでした。...
不動産の情報

賃貸契約における「1人住まい高齢者の孤独死」があった時の対応

賃貸契約での最大の異常事態は、「1人住まいの入居者の孤独死」かもしれません。 特に、1人住まいの方が高齢者の場合、そのリスクは高くなることが予想されます。 もし、そのような事態に遭遇した場合、どう対応したらいいのでしょうか。 ...
不動産の情報

賃貸契約における「1人住まい高齢者の安否と緊急時」の対応

1人住まいの高齢者が賃貸物件に入居した場合、安否の確認と各種の緊急時の対応をあらかじめ準備しておくことが大事になってきます。 高齢化社会の進展とともに、1人住まいをしなければいけない高齢者は増えてきます。 入居者が病気等で入院した場...
不動産の情報

「1人住まいの高齢者」の安否確認サービスと事前準備

大家さんが、1人住まいの高齢者の入居に対して最も心配することは、「孤独死」だと思います。 もし、発見が遅れたりすると、その部屋は「事故物件」になってしまう恐れがあります。 安否確認サービス 「安否確認」には、自治体が行うものと民間...
最近の動き

相続を争続にしないで「空き家」への予防を!

相続でもめたことで生まれる「空き家」がかなりあるそうです。 家族のコミュニケーション不足による相続にからむ「争続」が、新たな「空き家」を生んでいる現象が報告されています。 固定資産税の支払い、管理の手間、近所からの苦情等が重なり...
最近の動き

静岡県の工業用水道が苦境に!

静岡県には、7つの工業用水道があり、県内各地の工場に工業用水を供給しています。 ここにきて、各企業の生産体制の再編で大口顧客の解約が相次いでいるため、苦境に陥っています。 静岡県の工業用水道 工業用水道は、静岡県の企業局が独立採算...
最近の動き

「空き家活用」を促進する調査員の存在!

少子高齢化を背景に「空き家」が増え続けています。 老朽化した空き家は、災害時に倒壊や火災で被害を広げる危険もあり、不審者の侵入など防犯上の問題もあります。 「空き家活用」を目指して、空き家を調査する調査員の方がいます。 「空き...