「 i 不動産 」トップページ へ!

2020-03

不動産関連法規

賃貸借契約中における「賃借物の修繕」要件に関する民法の改正

令和2年4月1日より施行の民法改正では、賃貸借契約に関連するものとして、いくつかの点で見直しがされています。 そのひとつとして、「賃借物の修繕に関する要件の見直し」が実施されました。 賃借物の修繕に関する要件の見直し 改正前の民法...
最近の動き

今後の日本の課題、「2000万円問題」や「2040年問題」

日本は、高齢化を迎えると同時に、人口は減り、国の財政がさらに悪化し、年金不安が増しています。 最悪のシナリオの主役は高齢者のようですが、高齢者だけでなく国民全員が被害者になる様相です。 「2000万円問題」 「2000万円問題」の...
静岡県東部地域情報

「三島市ってどんなところ」・・・三島市の魅力紹介!

三島市は、富士山と箱根連山に挟まれたふもとであり、伊豆半島の付け根に位置しています。 東海道新幹線三島駅や東名沼津IC、新東名長泉沼津ICなど、富士箱根伊豆国立公園への起点となる静岡県東部地域の交通の要所となっています。 三島市...
最近の動き

「空き家の活用策」、あの手この手

思い入れのある空き家を手放したくない、権利者と連絡が取れないなど、空き家を活用しようとしても進まない理由がたくさんあります。 そのような中で、空き家を活用する取り組みが始まっています。 複数空き家物件をまとめてホテルに 兵庫県朝来...
最近の動き

都市公園法の改正で「魅力的な公園」が次々に誕生しています!

地域の特長を取り入れた公園が、日本の各地で次々に生まれています。 都市公園法の改正で、公園に飲食店などの建物を設けるハードルが下がりました。 工夫によって、公園をくつろぎの場としてだけでなく、観光客などにも楽しんでもらったり、街...
最近の動き

新しい「住宅セーフティネット制度」の状況

入居を断れやすい低所得者や高齢者向けの住宅を確保するために、空き家・空き部屋を活用した「新たな住宅セーフティネット制度」が機能していないようです。 2020年度末までに17万5000戸を確保するのが目標ですが、登録件数は遠く及ばない数...
最近の動き

「多拠点居住」は今後どうなるのでしょうか?

住まいは、「自宅」を1か所持ち、僅かな人が「別荘」を持つというのがこれまでの姿でした。 ところが、「複数の住居」を賃貸で提供するサービスが現れています。 ライフスタイルや働き方が多様化する中で、どうなっていくのでしょうか。 サ...
最近の動き

「カスタマーハラスメント」への対応策!

「カスタマーハラスメント」とは、消費者や顧客の立場を利用して、理不尽な要求や謝罪を強要することを言っています。 カスタマーハラスメントを行う消費者のことは、「クレーマー」とも呼んでいます。 「カスタマーハラスメント」を見分けるの...
最近の動き

新しい働き方「ワーケーション」で地域に活気が!

「ワーケーション」とは、2000年代に米国で生まれた造語で、「ワーク(働く)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせたものです。 自然豊かなリゾート地などの環境のよい場所で、休暇を兼ねてリモートワークを行う労働形態を指しています。 ...
不動産の情報

マンションにおける新たな危機、「住民の高齢化問題」

マンションを「終の住み家」にする人が増え、住民の高齢化が進んでいます。 と同時に、記憶力が低下した認知症の方とのトラブルが増えているということです。  マンションの住民の高齢化状態  国土交通省が2018年度に実施した全国のマンシ...