「 i 不動産 」トップページ へ!

不動産の情報

不動産に関する最近の情報

不動産の情報

増える認知症の方と所有不動産の行方

ある民間の調査会社によると、認知症の方が所有する住宅が2040年には280万戸に達するという推計を出してい ます。 認知症になって判断能力が低下してくると、住宅の管理や売却が難しくなってきます。 結局、放置されてしまうこと...
不動産の情報

マンションにおける長期修繕計画の作成と考え方

マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るためには、建物の経年劣化に対応した適切な修繕工事を適切な時期に行うことが重要になってきます。 マンションの「長期修繕計画」を作成し、それに基づいた修繕積立金の額の設定を行う...
不動産の情報

住宅改修によるバリアフリー化と自治体の補助制度

高齢化社会を迎え、住宅のバリアフリー化を考える人も多いと思われます。 段差を解消するなどで暮らしやすくなる一方で、金銭的な負担も重くなってきます。 自治体の補助制度や介護保険制度を利用する方法もあるということです。 三島市によ...
不動産の情報

集合住宅での有効な防音対策

アパートなどの集合住宅では、足音やオンライン会議での話し声などで、階下や隣室の方への住人に気を使う場面があります。 テレワークの普及で、在宅時間の増加と共に近隣に迷惑を掛けないことが大事になってきています。 防音材や吸音材を床や...
不動産の情報

子供に住宅を残さない「シニア向け住宅ローン」

家族で暮らしていた広い家を売却し、「シニア向けのコンパクトな家に買い替える」「買い換えで利益が出たら老後資金に充てる」人が増えているということです。 子供に住宅を残さない前提で、「シニア向け住宅ローン」を利用する方も増えています。 ...
不動産の情報

「平屋建て住宅」が各世代で人気を集めています!

平屋建ては、シニア向けの家というイメージが強かった住宅です。 しかし、近年、子育て世帯など若い世代にも注目されているそうです。 住宅メーカーも販売を強化しているようです。 平屋で感じる「家時間」の充実 ある家族5人の夫婦は、...
不動産の情報

風水害の備えはどうする

台風や集中豪雨は温暖化の影響で大型化し、広範囲に被害をもたらす傾向にあります。 被害にあった時、生活再建には重い経済負担が伴います。 保険や公的支援など、風水害リスクへの備えを検討しておきたいものです。 風水害被害への公的支援...
不動産の情報

住宅用火災警報器設置義務化から10年が経過

2011年に住宅用火災警報器の設置が義務化されて10年が経過しました。 総務省消防庁によると、火災警報器の交換の目安は10年で、経年劣化などでせっかく設置していても作動しない恐れもあるということです。 火災警報器は定期点検と交換が大...
不動産の情報

新築マンションなどの不動産広告の見方

ポストに次から次への宅配される不動産の折り込みチラシ。 新築マンションなどの販売広告チラシは、見た目もきれいで目を引きやすく出来ていますが、どこに注意して広告を見ればいいのでしょうか。 新築分譲マンションの折り込みチラシ 新築分譲...
不動産の情報

どの部屋も同じ温度の「全館空調システム」

コロナ禍で在宅時間が増える中、注目を集めてきたのが戸建て住宅の「全館空調システム」です。 風呂場などを含む全ての室内の温度が一定で、夏や冬も過ごしやいと評判です。 断熱技術も向上してきて、電気代も抑えられるようになってきたのが後...