「 i 不動産 」トップページ へ!

不動産の情報

不動産に関する最近の情報

不動産の情報

中古住宅の健康診断である「インスペクション」の実施

中古不動産物件では、建物の状況や不具合の箇所等をチェックし、検査結果を既存住宅の購入判断などに利用することが重要になってきます。 中古住宅の住宅診断や住宅検査を実施する方法として、インスペクションという制度があります。 インスペ...
不動産の情報

裾野市が掲げる「ウーブン・シティ」を利用した街づくり

裾野市では、「ウーブン・シティ」構想が動き出したことから、「ウーブン・シティ周辺整備課」を設置して岩波駅周辺整備に向けて動き出しています。 裾野市の北部は、主に工業系の用途地域が指定され、製造業や研究所などの工業中心の土地利用が図られ...
不動産の情報

「IT重説」の時代へ向かう課題!

国土交通省は、2020年10月に不動産売買時の「重要事項説明」について、テレビ電話など非対面でも可能とする方針を決めました。 「IT重説」と言われる手法ですが、令和3年3月30日より売買の重説も含めた運用が始まりました。 新型コ...
不動産の情報

前橋市の抜本的な「空き家対策」

「空き家等」が年々増加しており、火災の危険性や倒壊のおそれ、公衆衛生の悪化、景観の阻害等多岐にわたる問題が生じています。 今後、空き家等が増加すれば、これらの問題が一層深刻化することが懸念されます。 前橋市では、平成25年7月に...
不動産の情報

どうする「空き家大国」からの脱却!

空き家がどんどん増える日本。 手ごろな空き家がいっぱいあるのに、売り物件が少ない。 移住希望者は大勢いるのに、空き家を買えず、アパートに住むしかない。 空き家大国から脱却するには、どうしたらいいのだろうか? 空き家の増加...
不動産の情報

令和4年度税制改正大綱の主要ポイント

令和4年度の税制改正大綱の主要ポイントは次のようになりました。 住宅ローン減税は、控除率が引き下げられ、新築住宅等の控除期間は10年から13年へと伸長になっています。 また、登録免許税の特例及び住宅取得資金等に係る贈与税非課税措...
不動産の情報

共働き夫婦の住宅ローンの種類と注意点

共働き夫婦が増えています。 夫婦2人で住宅ローンを借りて念願のマイホームを購入するというパターンが増えているそうです。 1人でローンを組むより借入金を増やせたり、住宅ローン控除を2人分利用できたりする利点もあります。 夫婦で住...
不動産の情報

増える認知症の方と所有不動産の行方

ある民間の調査会社によると、認知症の方が所有する住宅が2040年には280万戸に達するという推計を出してい ます。 認知症になって判断能力が低下してくると、住宅の管理や売却が難しくなってきます。 結局、放置されてしまうこと...
不動産の情報

マンションにおける長期修繕計画の作成と考え方

マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るためには、建物の経年劣化に対応した適切な修繕工事を適切な時期に行うことが重要になってきます。 マンションの「長期修繕計画」を作成し、それに基づいた修繕積立金の額の設定を行う...
不動産の情報

住宅改修によるバリアフリー化と自治体の補助制度

高齢化社会を迎え、住宅のバリアフリー化を考える人も多いと思われます。 段差を解消するなどで暮らしやすくなる一方で、金銭的な負担も重くなってきます。 自治体の補助制度や介護保険制度を利用する方法もあるということです。 三島市によ...