「 i 不動産 」トップページ へ!

不動産関連法規

不動産に関する各法令や規則等

不動産関連法規

他人の物件や未完成の物件に関する売買契約締結の制限

宅地建物取引業者は、他人の物件や未完成物件を売ることを原則的に禁止されています。 宅地建物取引業法では、一般消費者を保護するための措置として、「自己の所有に属しない宅地又は建物」としての他人物と未完成物件の売買契約締結の制限を設けてい...
不動産関連法規

北側斜線制限の内容と適用される用途地域

北側斜線制限は、自分の敷地の北側に住む隣人の日当たりを考慮した制限のことです。 太陽の南からの日照の確保のために建築物の高さを規制したルールになります。 北側隣地境界線上に一定の高さをとり、そこから一定の勾配で記された北側斜線の...
不動産関連法規

「既存宅地」とは何ですか?

都市計画区域は、市街化区域と市街化調整区域、及び非線引区域に分けられます。 この中で、市街化調整区域は市街化を抑制する区域に当たりますので、建築が厳しく規制されています。 しかし、2001(平成13)年5月18日より前には、市街...
不動産関連法規

「既存不適格建築物」とは何ですか?

既存不適格建築物とは、現在の建築基準法に違反している建築物ですが、特例により違法建築ではないとされている建築物のことです。 建築基準法では、建築基準法および施行令等が施行された時点において、すでに存在していた建築物等や、その時点ですで...
不動産関連法規

不動産売買における媒介契約と物件の囲い込み行為

不動産の媒介契約は、不動産の売買等の取引に関して、宅地建物取引業者が売主や買主の間に立ってその成立に向けて活動しますという旨の契約になります。 宅地建物取引業法では、媒介契約について、契約内容を記した書面の交付義務、媒介報酬の制限など...
不動産関連法規

居室とはどんな部屋でどのような対応が必要か

居室とは、建築基準法では「居住、作業、娯楽などの目的のために継続的に使用する室のこと」とされています。 この定義に従えば、一般の住宅の場合、居室とは「居間」「寝室」「台所」が居室に該当します。 その反対に、「玄関」「便所」「浴室...
不動産関連法規

コロナ対策で叫ばれる換気の大切さ

新型コロナウイルス対策として、こまめな換気の大切さが叫ばれています。 特に、冬場は寒さと換気には折り合いがつかないことが多いと思います。 室温が下がりすぎないよう、上手に換気に取り組む必要があります。 そもそも、建物のあり...
不動産関連法規

「未完成の宅地あるいは建物の売買」における規制とは

未完成の宅地あるいは建物の売買等を不動産業界では、「青田売り」ともいいます。 青田売りとは、元来は「稲が十分に成熟しないうちに収穫高を見越してあらかじめ産米を売ること」の意味です。 青田売りについては、確実な執行を確保するために...
不動産関連法規

道路が必要な時に「位置指定道路」で!

土地と道路には密接な関係があり、建物を建てる際には建築基準法に定められた注意点がいくつかあります。 建物を建てる場合は、道路に2m以上接していないと建築できないという決まりがあります。 敷地に接する道路がない場合、私有地を道路と...
不動産関連法規

「空家等対策特別措置法」の制定と実施状況

正式名称は、「空家等対策の推進に関する特別措置法」と言って、2014(平成26)年に制定されました。 空家が増えていく中で、適切に管理されていない空家等について、その状態を是正するための措置を定めたのがこの法律です。 主な内容は...