「 i 不動産 」トップページ へ!

不動産関連法規

不動産に関する各法令や規則等

不動産関連法規

不動産売買における報酬形態による売主・買主の仲介手数料

不動産の売買における不動産業者に払う仲介手数料には、いくつかのパターンがあります。 報酬は仲介手数料と言われているものですが、売買の場合の仲介手数料も相当な額になりますので購入に当たってはそれなりの準備が必要です。 示された仲介...
不動産関連法規

不動産業における損失補償のための「営業保証金」

宅建業者と消費者との間でトラブルが発生する可能性もあります。 営業保証金は、宅建業者の営業上の取引による債務の支払を担保するための保証金です。 これで、宅建業者の営業活動の社会的安全を確保しており、営業の開始にあたって供託所に供...
不動産関連法規

賃貸物件における貸主・借主の仲介手数料の負担割合

賃貸物件を借りる場合、貸主である大家と借主の支払う報酬負担は色々なパターンがあります。 報酬は、仲介手数料と言われているもので、仲介に入った不動産業者に支払うものです。 この当たりは、物件案内には明確に表示されていないこともあり...
不動産関連法規

土地を購入する時、「位置指定道路」があるのか確認しよう!

道路には自治体が管理する公道と私道があり、私道の多くは「位置指定道路」という道路となっています。 位置指定道路の所有は個人であるため、私有地の一部としてみなされ個人で管理を行う必要があり、場合によっては固定資産税・都市計画税も発生する...
不動産関連法規

宅建業者の「標識の掲示」とはどのようなもの

宅地建物取引業は、自由に開業することは認められていません。 また、宅建業者は事務所ごとに、標識、宅地建物取引士、従業者名簿、帳簿及び報酬額の掲示が定められています。 「標識」は、免許証番号などを記載したもので、宅地建物取引業者の...
不動産関連法規

不動産売買や不動産賃貸における媒介業務と報酬について

不動産の売買や賃貸借において、売主と買主、または貸主と借主との間に立って取引成立に向けて活動することを媒介業務または仲介業務と呼んでいます。 不動産取引における宅地建物取引業者の主な業務の一つになります。 また、不動産の売買や賃...
不動産関連法規

他人の物件や未完成の物件に関する売買契約締結の制限

宅地建物取引業者は、他人の物件や未完成物件を売ることを原則的に禁止されています。 宅地建物取引業法では、一般消費者を保護するための措置として、「自己の所有に属しない宅地又は建物」としての他人物と未完成物件の売買契約締結の制限を設けてい...
不動産関連法規

北側斜線制限の内容と適用される用途地域

北側斜線制限は、自分の敷地の北側に住む隣人の日当たりを考慮した制限のことです。 太陽の南からの日照の確保のために建築物の高さを規制したルールになります。 北側隣地境界線上に一定の高さをとり、そこから一定の勾配で記された北側斜線の...
不動産関連法規

「既存宅地」とは何ですか?

都市計画区域は、市街化区域と市街化調整区域、及び非線引区域に分けられます。 この中で、市街化調整区域は市街化を抑制する区域に当たりますので、建築が厳しく規制されています。 しかし、2001(平成13)年5月18日より前には、市街...
不動産関連法規

「既存不適格建築物」とは何ですか?

既存不適格建築物とは、現在の建築基準法に違反している建築物ですが、特例により違法建築ではないとされている建築物のことです。 建築基準法では、建築基準法および施行令等が施行された時点において、すでに存在していた建築物等や、その時点ですで...