「 i 不動産 」トップページ へ!

"マンション"

不動産の情報

マンション管理組合の具体的な財産管理

マンションの財産管理において、よりリスクが低い方法で管理すべきです。 管理組合の預金については、以下のようなリスクが考えられます。 ◆お金を現金で持つと、盗難、使い込みなどの危険がある。 ◆管理会社へ業務委託して、管理会社...
不動産の情報

マンション住戸内水道料金の支払は継承されるのか

競売によりマンション一室の所有権を取得した所有者は、前所有者が滞納していた水道料金及び駐車場料金を管理規約に基づいて管理組合に支払いました。 その後、専有部分である住戸の水道料金を管理組合に支払う義務を定めた管理規約は無効であると主張...
不動産の情報

中古マンションを購入してリノベーション

中古マンションを購入して、自分好みにリノベーションする人が増えているそうだ。 新型コロナ感染の影響で、テレワークが普及して在宅での勤務が増えて、マンションを買う際に、新築だけではなく広さを重視する人が増えているのが一因のようである。 ...
不動産の情報

マンションにおける「修繕積立金不足」をどう解決する

現在、全国に約650万戸余のマンションがあり、大規模修繕に備える積立金の不足に悩むケースが増えています。 国土交通省の調査によると、積立金額が計画に比べて不足しているマンションが35%に達しているということです。 マンションは、...
不動産の情報

マンション管理組合の適正な財産管理

マンションには、使用目的に応じて複数の会計があり、口座も分けられているのが普通です。 また、マンションの管理を管理組合のみで行うのではなく、管理会社に委託している場合も多くみられる形態です。 「マンション管理適正化法」では、マン...
不動産評価

既存マンションの方位や階層で価格はどのくらい違うのでしょうか?

既存マンションの購入を検討する時、同じ間取りでも方位や階層でどの程度の価格差が生じるのでしょうか。 新築マンションの場合、同じ間取りでも階層の違いや方位の違いで価格差を付けて売り出されているので価値の違いが明確です。 それでは、...
お知らせ

賃貸マンション・アパートの管理を実施しています

日本は、人口が減少しています。 人口が減少しているのに新築物件は生まれているのが現状です。 そうなると、空き室が増えるということが大きな課題になってきます。 空き室対策の取り組み例 大事に使ってくれる高齢者の入居をあ...
最近の動き

都会の分譲マンションは駐車場が空き状態

千葉県にある築浅の約30戸の分譲マンションでは、駐車場の空きが多くてこまっているそうです。 住戸は埋まっていますが、機械式の駐車樹が満車時の1/3しか使われていないため、維持管理費などが賄えない状況になっています。 都会における車社...
不動産の情報

マンション管理組合は町内会費を管理費として請求できるか

町内会は、自治会ともいわれ、地域に居住する住民を会員として、会員相互の親睦を図り、会員福祉の増進に寄与して、関係官公所署各種団体との協力推進を行っている任意の団体です。 町内会は、法律により法人格を取得する方法もありますが、多くは権利...
不動産関連法規

マンションにおける防火管理者の選任

「消防法」では、居住者の数が50人以上の分譲マンションでは、管理権原者が当該マンションの防火管理に必要な業務を行わせるため、一定の資格を有したものの中から「防火管理者」を選任し、所轄消防庁又は消防署長に届け出ることになっています。 こ...