「 i 不動産 」トップページ へ!

"マンション"

不動産の情報

中古マンションを購入して、リフォームする!

新築分譲マンションの価格が高騰する中、価格が比較的安い中古マンションを購入して、リフォームする世帯が増えているということです。 希望の間取りを実現できるのが利点ですが、給排水管の老朽化具合などをチェックするなど注意すべき点も多いようで...
最近の動き

静岡県が「マンション管理適正化推進協議会」を設立

老朽化に伴う大規模修繕工事や住民の高齢化といった課題を抱えるマンションが増加しています。 そこで、マンションの管理を支援するため、静岡県と県内35市町は2022年4月、県マンション管理適正化推進協議会を設立しました。 老朽化マンショ...
不動産の情報

マンションにおける長期修繕計画の作成と考え方

マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るためには、建物の経年劣化に対応した適切な修繕工事を適切な時期に行うことが重要になってきます。 マンションの「長期修繕計画」を作成し、それに基づいた修繕積立金の額の設定を行う...
不動産の情報

新築マンションなどの不動産広告の見方

ポストに次から次への宅配される不動産の折り込みチラシ。 新築マンションなどの販売広告チラシは、見た目もきれいで目を引きやすく出来ていますが、どこに注意して広告を見ればいいのでしょうか。 新築分譲マンションの折り込みチラシ 新築分譲...
不動産の情報

マンション改築要件の緩和策とは

国土交通省は、古くなったマンションの建て替え促進策を導入することになりました。 建物の階数を増やせる容積率の緩和特例を導入することによって、管理組合が増床分を販売できるようになります。 これにより、改築に進むマンション住民の合意...
不動産の情報

マンションにおける管理者の選任と役割

マンションでは、複数の区分所有者が共同で建物や敷地、付属施設を管理しています。 管理するために管理組合という団体を構成し、集会を開き、規約を定めています。 通常、管理を円滑に行うため管理者を置くことが多く、管理者は必ずしも区分所...
不動産の情報

マンションにおける居住者の高齢化や空き室増加という課題

日本では少子高齢化が進行していています。 当然マンションでも、長く住むうちに建物の高経年化とともに、居住者も高齢化が進んでいます。 さらに、賃貸や空き住戸といった非居住化も進行しています。 建物は、建て替えや大規模修繕など...
不動産の情報

マンション管理規約で「住居専用」と定めた居室を税理士事務所としての使用は可能か

訴訟提起時に建築後39年のマンションでは、当初の管理規約には住居専用規定はありませんでした。 その後、管理規約を改正し1階部分の一部を除いて住居専用規定を設けました。 税理士は、5階の専有部分を購入後、住居として使用していました...
不動産の情報

マンションにおける機械式駐車場の課題

マンションの駐車場が平面駐車場ではなく機械式駐車場にする理由は、限られた敷地で多くの車の駐車を可能にするためです。 少ない敷地で多くの駐車台数を稼げる利点はありますが、その高額な維持費用が掛かるという課題もあります。 駐車が10...
不動産の情報

マンションにおける滞納管理費等への対応

各区分所有者から徴収する管理費等について滞納が長期化すると、管理組合会計の収支が圧迫されて、管理業務が予定通りに実施できずにマンションの保全に影響を及ぼしてきます。 したがって、未収入金の徴収は積極的な対応が必要になってきます。 ...
不動産の情報

マンション管理規約を制定する時の注意項目

マンションでは、多くの区分所有者が一棟の建物を区分して所有しています。 区分所有者である住民が長い間にわたり快適な生活をおくるためには、住民の間でマンションの維持、管理や生活の基本的ルールを「管理規約」として定めることが重要になってき...
不動産の情報

マンション管理組合の苦情問題と対応

マンションでは、共用部分の利用、相隣関係、理事会の業務執行、分譲業者のアフターサービス、管理業者の業務対応など、幅広い分野での苦情が管理組合に寄せられます。 マンションでの生活のコミュニティ形成の良否がクレームの対策と処理に大きくかか...
不動産の情報

マンション管理組合の役員と役割

マンションは一戸建てに比べて、維持管理が楽だと思っている方もいるようですが、マンションの管理は管理会社にお任せというわけにはいかないものです。 マンションを購入すると、そのマンションの区分所有者となり、区分所有者は全員で「管理組合」を...
不動産の情報

マンション管理規約による徴収費用の種類と役割

マンションでは、多くの区分所有者が一棟の建物を区分して所有しています。 区分所有者である住民が長い間にわたり快適な生活をおくるためには、住民の間でマンションの維持、管理や生活の基本的ルールを「管理規約」として定めることが重要になってき...
不動産の情報

マンション管理規約制定の重要性

マンションは、ひとつの重要な居住形態となっています。 マンションは、区分所有者の共同生活が基本となることから、快適な居住環境を確保するため、住まい方のルールを定めておくことが重要になってきます。 多くの住民が長い間にわたり快適な...
不動産の情報

マンション管理規約制定に関して注意する項目

マンションでは、多くの区分所有者が一棟の建物を区分して所有しています。 区分所有者である住民が長い間にわたり快適な生活をおくるためには、住民の間でマンションの維持、管理や生活の基本的ルールを「管理規約」として定めることが重要になってき...
不動産の情報

マンションにおける専有部分と共用部分

マンションは、区分所有者が共同してマンションという建物を共有している建物です。 この建物の中には、各区分所有者が所有権を行使して所有できる「専有部分」と専有部分以外の建物部分である「共用部分」があり、マンションはこの2つの部分が共存し...
お知らせ

マンション管理組合登録制度の活用

分譲マンションのストック戸数は、令和元年末時点で約665万戸もあります。 1世帯当たりの平均人員が2.33ですから、これを掛けると約1,550万人が居住している推計となり、これは国民の約1割に当たる人数になります。 マンション管...
お知らせ

「マンションみらいネット」を活用してはいかがですか

「マンションみらいネット」は、マンションの管理情報や修繕履歴を電子的に蓄積するシステムです。 管理組合の組合員は、インターネットを通して蓄積された管理履歴情報を共有化できることになります。 マンションの管理履歴に関する情報文書や...
不動産の情報

マンション総合調査による耐震化・老朽化対策と管理組合の現状

分譲マンションには、通常マンション管理組合があります。 マンションは、管理組合で建物の維持管理を行うため、毎月管理費や修繕積立金を集めています。 これらの費用は、建物の構造部分や共用の階段・廊下、エレベーター、駐輪・駐車場のほか...